懐かしのコロッケ 10年後の東京すみっこごはん

小説の書評と感想
東京すみっこごはんのスプンオフショート小説を見つけた。  そうそう、このかんじ! 求めていたものがさりげなくしっかりと存在している安心感。 ホッとする。    ほんの少しだけ情緒過多で、ちょっぴりせつなくて。あたたかくてやさしい。 ふんわりと丁寧に盛られたたっぷりの千切りキャベツとほくほくのコロッケのプレートのように、地味だけどおいしいおはなし。   リンクは⤵︎こちら Kobunsha-webyomeba-web.jp 独立した短編恋愛小説としても読めます。甘酸っぱい!     東京すみっこごはんの感想 東京すみっこごはん 成田名璃子 東京すみっこごはん2 雷親父とオムライス  東京すみっこごはん3 親子丼に愛を込めて  東京すみっこごはん4 楓の味噌汁   『東京すみっこごはん5 最終巻 レシピノートは永遠に 感想』しんどい。しんどい最終巻。『東京すみっこごはん  レシピノートは永遠に』爺ちゃんと孫娘……『3月のライオン』でこんな情景が描かれたら嫌だなあと思った。ズルいよ…ameblo.jp    『月はまた昇る 成田名璃子 母親たちが理想の保育園を作るまで』保育園がない!なら、作っちゃえ!保活(保育園に子どもを入園させる活動)に失敗したキャリアウー

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました