「Unnamed Memory V 祈りへと至る沈黙」古宮九時 電撃の新文芸

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは古宮九時さんの「Unnamed Memory V 祈りへと至る沈黙」です!前巻の記事↓ストーリー A内容は、再編された世界でオスカーの呪いを解くことに成功したティナーシャ。彼女はトゥルダールに戻り女王として即位することになる。だがその即位は1年間だけで国の在り方を見直し制度を整えたら退位するという。そんなティナーシャに対してオスカーは結婚を申し込む。果たしてティナーシャはオスカーからの結婚の申し出を受けるのか…そして現れる呪いの元凶である沈黙の魔女。彼女が明かすオスカーの呪いの真相とは…とこんな感じです!〜もう一度結婚を〜シリーズ第5弾!すっかり読むのが遅くなってしまい6巻が発売される前に読んだ次第です…コミカライズも発売されて盛り上がっているのでもっと早く読みたかったのですが…第二幕も中盤ということで「これ!第一幕でも見た!見たよね…?」というシーンもあり、ようやく2人が2人らしい関係になってきたのかなと思えるお話でした!呪いについても明らかにされて楽しく読ませていただきました!面白かったです!まず序盤。オスカーの母親のことが語られます。オスカーの父親が母親に出会ったエピソードがさすがこの親子だなーと思わせるもので非常に良かったですね。親が親なら子も子ですねw膝枕もよかったですね…全日本膝枕協会関東支部支部長の僕も納得の膝枕です。挿絵も素晴らしい!そしてティナーシャがトゥルダールの女王として即位する即位式が執り行われます。即位式はなんかあるだろうなと思って

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました