【思考術?】『思考の教室』戸田山和久

ビジネス書の書評と感想
思考の教室

【本の概要】◆今日ご紹介するのは、現在開催中である「語学・教育関連本キャンペーン」の中でも、個人的に読んでみたかった思考術本。
建前上、大学生向けに書かれているのですが、大人すぎる私が読んでも歯ごたえ満点の作品でした。
アマゾンの内容紹介から。“じょうずに考える”ためには、どんな装置を使って、何をどのように勉強すればいいのか?「演繹」「帰納」をいっさい使わず身近な例を豊富にまじえ、まずは「論理的思考って何か」をヤ・サ・シ・ク説くぞ。続いて、「語彙力強化の秘伝」から、考えを効率的に伝えるための「文章設計のコツ」まで。さらには、「クリティカル・リーディング」から「ディベート術」まで。“考える”ためのすべてを網羅した「知の教典」、練習問題42問付き、これが決定版だ!
中古があまり値下がりしておらず、Kindle版が800円弱お買い得となります!
続きを読む

Source: ビジネス書②

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました