「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件4」佐伯さん GA文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは佐伯さんさんの「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件4」です!前巻の記事↓
ストーリー A内容は、さらに距離を近づける周と真昼は変わらぬ日常を過ごしていたが、徐々に真昼が甘えたがりに…⁉︎周にだけ見せる真昼のかわいい姿に周はドキドキが止まらない…!テスト勉強を一緒にしたり家でいちゃついたり、膝枕してもらったり…しかしそんな日常も真昼があるきっかけで発した「周は大切な人という」爆弾発言で少しずつ変わろうとしていて…とこんな感じです!〜1番大切な人〜シリーズ第4弾!累計30万部突破と巻を重ねるごとに人気になってますね!まず言わせてください…膝枕ぁああああああああああああああああ!か、可愛すぎる…こ、これが天使…だめになりたい…だめになっちゃだめですか…?膝枕のシーンがあまりにも最高すぎてなんで毎日こんなに一生懸命仕事しているんだろうと生きている意味を見失いかけました…真昼さん…なんで現実には僕だけの真昼さんがいないんですかね…周くんになりたい…周くんにしてよ神様…閑話休題。今回も最高に甘くて砂糖ドバドバなラブコメと一歩前に進んだ2人を存分に楽しませていただきました!面白かったです!まず序盤。1話目で飛びました。なんなんこれ。真昼さんかわいすぎかよ…言われたいです…愚問ですねって言われたいです…真昼さんに溺れたい…ダメになりたい…2人のいちゃこらは相変わらず最高ですね。頭なでなで、真昼が周の胸に顔を埋める、ほっぺた触って、手を握ったり、一緒に勉強したり

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました