『こども 論語と算盤 お金と生き方の大切なことがわかる!』(祥伝社) – 著者: 守屋淳 – 守屋 淳による内容紹介

書評総合

『こども 論語と算盤 お金と生き方の大切なことがわかる!』(祥伝社)著者:守屋淳
Amazon |
honto |
その他の書店
お金持ちになるにはどうしたらいい?立派な人になるにはどうしたらいい?NHK大河ドラマ『青天を衝け』で注目の渋沢栄一さん。彼の名著『論語と算盤』を、中国古典の専門家、守屋淳さんが子ども向けに超訳しました。
渋沢栄一さんは「お金と信用」を考えてきた偉人
今も昔も、幸せになりかったら、お金を稼ぐことはとても大事なことです。でも同時に、最近はこんなことがいわれるようになってきました。「これから、お金よりも信用のほうが大切」現代は、ネットやSNSの発達によって、見知らぬ人とすぐに連絡が取りあえたり、他人の意見や考えを広く知ることができます。そうなると、たとえば人望のある人や、人気のある人には何万ものフォロワーがつきます。それを活かせば、お金は、後からついてくるようになるわけです。渋沢栄一さんは、明治時代から、これとまったく同じ「お金と信用」や「お金と人柄」の問題について、深い思索をめぐらせてきた偉人でした。まず、お金というのは人が幸せになるためには最低限欠かせないもの。だからこそ「そろばん」、つまりお金を稼ぐための算段や、計算が必要になってきます。でも、たくさんお金をもっていたからといって、必ず幸せになれたり、人から尊敬される人生を送れるとは限りません。下手にお金がたくさんあったばかりに、他人が信用できなくなって友だちを失ったり、家族がバラバラになってしまった例は少なくないのです。こうならないために必要なのが『論語』の教え。つまり人から信用され、尊敬され、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました