個人詩誌「野ゆき」vol.11を読む

小説の書評と感想
 A・幸代さんの年刊個人詩誌「野ゆき」vol.11を読み了える。 到着は今月2日の記事、2冊と1紙が届く、にアップした。
 リンクより、過去号の記事へ遡れる。 「野ゆき」vol.11の表紙である。発行者名は、ブランクにしてある。 「返事して」、「満月」、「亀」、「焼き芋」、「友よ」の5編の短詩を収める。 「返事して」は、見失ったメガネ、ケイタイ、鍵などが、呼んだら返事してくれる機能を備えるよう、願う内容である。ITの進歩で、実現しそうである。 「友よ」は、10数年前に亡くなった、異性の友を偲ぶ。「私のほうが憎まれっ子だったか」ほか自省的である。優しく、清潔で、かつ行動力のある彼女の、1面が知られる。 了解は得ていないけれど、「満月」という、全6行の作品を引く。  満月   A・幸代あれまあ満月は過ぎちまったのかえあんなに待ってたのにしばらく雨続きだったから仕方ないけど空は薄情だよねえ 満月は、人生の盛りを表すのだろうか。盛りの時期を、煙って過ぎた人を、憐れむのだろうか。僕の場合は大丈夫である。紙の詩集を最近出版していないが、ネットで活動し、Kindle本を何冊か出版し、次の目標も次の次の目標もある。 11号に至る、着実な歩みを続ける年刊個人詩誌「野ゆき」の、次の号を待ちたい。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました