「幼なじみからの恋愛相談。 相手は俺っぽいけど違うらしい」ケンノジ 角川スニーカー文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのはケンノジさんの「幼なじみからの恋愛相談。 相手は俺っぽいけど違うらしい」です!ストーリー A内容は、幼馴染の雛形栞から突然呼び出された殿村隆之介。告白されるかと思いきや…なんと栞に好きな人ができて恋愛相談をされることに。相手は身近にいて優しいイケメンで、同じ学校で、連絡先は知らなくて、でも昔からずっと好きで…もしかして自分ではないかと疑う隆之介だが証拠が得られずにいた。果たして栞が好きな人は誰なのか…幼馴染とのラブコメが始まる!とこんな感じです!〜多分俺だけど俺じゃないかもしれない〜ケンノジさんの新作!「S級美少女〜」が好きなので新作がラブコメと聞いて発売楽しみにしていました!テンポのいい展開と幼馴染との距離感が最高のラブコメでした!面白かったです!幼馴染の栞から呼び出されて告白されるかと思いきや恋愛相談をされた隆之介。相手は同じ学校の人らしいが、隆之介自身ではないかと思い当たるところがあり…あぁ〜いいっすね…この幼馴染との距離感…最初は恋愛相談だったのがちょっとずつ距離が縮まっていって微糖からMAXコーヒーになっていく感じ…最高です…最初は幼馴染だけど連絡先も知らないところからスタート。恋愛相談という栞のアタック?をきっかけによく話すようになり、よく一緒に帰るようになり、デートにいくようになり…中学生時代にお互いに部活が忙しかったことをきっかけに疎遠になった2人がこうしてまた近づいていく。友人の杉内や後輩の女の子である小夏ちゃん、それに栞の妹である涼花、彩

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました