「春夏秋冬代行者 春の舞 上」暁佳奈 電撃文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは暁佳奈さんの「春夏秋冬代行者 春の舞 上」です!ストーリー AA内容は、季節の巡りかわりを人が担うようになった世界。季節を顕現させる能力を持つものは代行者と呼ばれ大和という国に四季をもたらしていた。春の代行者である雛菊という少女はは賊によって攫われ10年もの間、春を顕現させることができずにいた。苦難を乗り越え代行者として復活した雛菊は従者のさくらと共に春を顕現させるために各地を訪れていた。そんな彼女は10年前に離れ離れになってしまった冬の代行者・狼星への恋心が残っていて…季節を巡る代行者たちの物語が始まる…とこんな感じです!〜四季を巡る物語の始まり〜暁佳奈さんの新作!個人的に初挑戦の作家さんですね。美しすぎる表紙を見た時から発売楽しみにしてました!まず言わせください…一生忘れられない物語に出会いましたすごいです…すごすぎます…小説を読んでこんなに感情が揺さぶられるのは何年ぶりでしょうか…物語を彩る文章全てが透明で瑞々しくてただただ素晴らしいです…作中で描かれる雛菊の感情の全てが、狼星の感情の全てが胸を打ちます。美しくて、微笑ましくて、悲しくて、そして切ない…間違いなく2021年No1の作品です。最高に面白かったです!季節の巡りを人々が担うようになった世界。四季ごとに代行者と呼ばれる現人神がいて、彼らが季節を顕現させることで世界に四季が訪れる…最初はちょっとピンとこなかったこの設定は雛菊が春を顕現させた瞬間にすっと体の中に入り込むように理解しました。こんなに美

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました