短歌研究会C・4月歌会

小説の書評と感想
 4月9日(第2金曜日)の午前10時より、橘曙覧記念館の会議室にて、短歌研究会C・4月歌会が持たれた。 同・3月歌会は、先の3月19日の記事にアップした。 今回は、事前1首出詠・8名、出席者・6名だった。事務局が用意した、B4判プリントを基に、参加者が意見を述べ合った。 ANさん(前回のASさん、は誤りと判明した)の1首は、「初鳴き聴こゆ」→「初鳴き聞こゆ」と直されたのみ。 TTKさんの歌は、中句「白々と」を「白じろと」と、「しらじらと」に間違われないように直された。 TTMさんの1首は、結句を「桜散りゐし」→「桜散りゐき」とのみ直された。 YNさんの1首は、4句「おぼろげなりし」は、「おぼろげとなる」が良いと、僕が指摘した。 YYさん、TFさんの歌は、直されなくてパス。 YKさんの1首は、4句「刹那に見つる」を、僕が「刹那に見たる」に直すよう奨めたが、TFさんが「刹那に見えし」を提案し、それが採られた。 しまいの僕の歌は、中句「起きてくる」を「目が覚める」に直すよう奨められるなどしたが、「動きがあった方が良い」」などと僕が頑強に抵抗して、そのままとなった。 僕は11時半に、妻の迎えがあるので退出し、残る人はもう少し話し合ったようだ。写真ACより、「ガーデニング」のイラスト1枚。 

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました