『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

小説の書評と感想
『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

ふたりぐらし(新潮文庫)

元映写技師の夫・信好は、看護師の妻・紗弓と二人暮らし。映画脚本家の夢を追い続けて定職はなく、ほぼ妻の稼ぎで食べている。当の妻は、余裕のない生活で子供を望むこと、義母との距離、実母との確執など、家族の形に悩む日々だ。幸せになるために生涯を誓ったはずなのに、夫婦とは、結婚とは、一体何だろう。夫婦が夫婦になっていく “家族のはじまり” を、夫と妻交互の視点で描く連作短編集。(新潮文庫)

不惑の夫・信好には決まった仕事がありません。仕事に就く気がないのは、(映画の) 脚本家になる夢を諦めきれずにいるためです。

妻の紗弓は看護師をしています。二人は狭いアパート暮らしだったのですが、それとても、紗弓の稼ぎがあればこそのことでした。生活はギリギリで、子供を持つことは叶いません。彼女は今年、三十六歳になります。

節約も最初のころは趣味にすればよしと思っていたけれど、月給のほとんどが生活に消えてゆく日々が続くと心が荒むのか、ときおりやりきれない思いに襲われる。いつまでこんな感じかな - 子供を持つことも躊躇うような日々が、期限付きではないことが気がかりだった。(「家族旅行」 より)

信好の母・テルが亡くなった後、二人はアパートを出て、テルのかつての住まいであり、信好の実家でもある古い平屋の一軒家へと引っ越します。そこで暮らすと決めたのは、妻の紗弓の方でした。

その後信好は、紗弓の父からの紹介で決まった仕事に就けるのですが、収入は十分といえず、生

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました