「他人を寄せつけない無愛想な女子に説教したら、めちゃくちゃ懐かれた」向原三吉 角川スニーカー文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは向原三吉さんの「他人を寄せつけない無愛想な女子に説教したら、めちゃくちゃ懐かれた」です!ストーリー A内容は、常に学年1の成績を誇り信頼の厚い大楠直哉は同級生と交流しようとせず欠席・遅刻の常習犯である江南梨沙を進路面談に出席させるように教師に頼まれる。江南に進路相談に出てほしいと頼む直哉。しかし江南は直哉の態度が気に食わずに頑なにそれを拒む。そんな江南に思わず強い言葉で説教をした直哉だが、なぜかそれをきっかけとして江南が直哉によく話しかけてくるように。興味があるから直哉のことを知りたいという江南と徐々に距離を縮めていくことになるが…とこんな感じです!〜クラスの問題児がなぜ俺のところへ?〜第5回カクヨムWEB小説コンテスト特別賞受賞作!著者紹介のところに20代社畜とあり、同じく20代社畜の僕は非常に親近感を感じますね…月の平均残業時間はどれくらいなんでしょうか…60hくらいですかね…クラスの問題児への説教をきっかけに徐々に距離が縮まっていくのが印象的なラブコメでした!面白かったです!成績優秀で常に学年1をキープする直哉。そんな彼は担任からクラスの問題児である江南を進路面談に出てもらうように頼まれます。江南を説得しようとするもその頑なな態度に思わず説教をしてしまう直哉。それをきっかけに江南が直哉に興味を持ち始め、彼に懐くように…序盤はうぉお…優等生が説教して不良生徒が改心したのか…と個人的に掴めない感覚だったんですけど、話を読み進めていくとどうやら違うようで…最

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました