山本健『ヨーロッパ冷戦史』(ちくま新書) 7点

書評総合
 ヨーロッパに焦点を当てた冷戦の通史なのですが、何と480ページを超えるボリュームです。 冷戦と言えば、アメリカとソ連の対立であり、その対立はヨーロッパだけではなく、アジア、中南米、アフリカにも及びました。そうした中でヨーロッパだけでここまで語ることがあるのか? と疑問に感じる人もいると思います。 しかし、本書を読めば、これだけの紙幅を費やす意味が理解できるでしょう。ヨーロッパの冷戦には、米ソの対立だけではなく、大国としての外交を展開したかった英仏の存在がありますし、ソ連に首根っこを抑えられながらも自国の経済的な生き残りを模索した東欧諸国の動きがありますし、何といっても両大戦を引きおこしたドイツをどうするのかという問題がありました。 本書は、米ソの単純な陣取り合戦ではないヨーロッパの冷戦を時系列的に追っていきます。北欧やバルカン半島など周辺地域の動きもコラムに入れており、堂々たる通史になっています。 目次は以下の通り。第1章 ヨーロッパの分断―一九四五~四九年第2章 冷戦の軍事化と経済的分断―一九四九~五三年第3章 二つのドイツと二つの同盟―一九五三~五五年第4章 東西両陣営の動揺―一九五六~五八年第5章 第二次ベルリン危機と同盟の分裂―一九五八~六四年第6章 対話と軍拡の時代―一九六四~六八年第7章 ヨーロッパ・デタント―一九六九~七五年第8章 混在する緊張と緊張緩和―一九七六~八四年第9章 終焉の始まり―一九八五~八九年終章 ドイツ再統一とヨーロッパ分断の終焉―一九八九~九〇年 これだけのボリュームを丁寧にまとめていくといくら文字数があっても足りないので、以下、いくつかのポ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました