あなたの隣にいる孤独 樋口有介

小説の書評と感想
主人公の少女には戸籍がない。彼女の名前は玲奈。14歳。小学校も中学校も行ったことがない。「あの人」から逃れるために数年おきに引っ越しする。町にも人にも愛着を持たないように生きている。そんな設定ではじまる物語である『あなたの隣にいる孤独』さぞかし静かで陰鬱な物語だろうとおもいきや、まさかのほのぼの人情物語だった。まず、玲奈が聡い。現状を把握しながら腐らずやれる努力をかさね、自分の悲劇に耽溺しない。深刻ぶらないところもいい。マジメだけどマジメすぎない。JKカフェやちょっとした飲酒など、優等生な14歳ならやらないこともやる。このさじ加減がうまいなと思う。玲奈が身を寄せることになる古物商のジイさん(秋吉)と小説家志望の昼行灯(周東)が下心なく親身になってくれる奇跡があればこそののんびりした空気感。手に取ったときに期待した無戸籍の少女についての物語ではなかったけれど、一種のファンタジーとして楽しく読めた。(甘いとかご都合主義って言う人もいそうではある)樋口有介作品はお初だけれど、他の著作も読んでみたい。人気ブログランキング    にほんブログ村       
Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました