ゲンロン戦記「知の観客」をつくる 著者 東浩紀

小説の書評と感想
ゲンロン戦記「知の観客」をつくる著者 東浩紀rakuten_affiliateId="0ea62065.34400275.0ea62066.204f04c0";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_recommend="on";rakuten_design="slide";rakuten_size="200x200";rakuten_target="_blank";rakuten_border="on";rakuten_auto_mode="on";rakuten_adNetworkId="a8Net";rakuten_adNetworkUrl="https%3A%2F%2Frpx.a8.net%2Fsvt%2Fejp%3Fa8mat%3D2625LO%2BEOPCMI%2B2HOM%2BBS629%26rakuten%3Dy%26a8ejpredirect%3D";rakuten_pointbackId="a13111053984_2625LO_EOPCMI_2HOM_BS629";rakuten_mediaId="20011816";新たな知識を求めてこの本と出逢う。ゲンロン、ゲンロンカフェと有名らしいですが正直全く知りませんでした。世の中にはいろいろな本や、いろいろな考え方、いろいろな価値観があると改めて思い知ることができます。やはり本を読むこと、読書をすることにより新しい世界が広がるのです。哲学と言う言葉がキーワードとなりますが、哲学はもともと古代ギリシャ語で「知を愛する」と言う意味でした。人は様

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました