「シャングリラ・フロンティア(3) ~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~」硬梨菜 不二涼介 マガジンコミックスデラックス

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは硬梨菜さん原作、不二涼介さん漫画の「シャングリラ・フロンティア(3) ~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~」です!前巻の記事↓
ストーリー Aユニークシナリオの兎の国からの招待に挑むサンラク。妄執の樹魔相手になんとか5分間耐えるために秘策を思いつくが…一方、サンラクのゲーム仲間であるペンシルゴンは未だ達成されていないユニークモンスターの討伐に挑むためサンラクとプロゲーマーのカッツォを誘う。ペンシルゴンの誘いに乗った2人はユニークモンスター・墓守のウェザエモンを倒すために行動を開始する…〜最強の3人が集う〜シリーズ第3弾!すでに40万部突破とどんどん知名度を上げてきていますね!今回も迫力満点の戦闘シーンにサンラクの超絶プレイヤースキルととことん楽しませていただきました!面白かったです!序盤は前回の続から。ユニークシナリオに挑むサンラクが描かれます。前回妄執の樹魔相手に勝機を見出したところで終わっていたので気になっていたんですよね…この戦いの結末は報酬も含めて非常にサンラクらしかったですね!街に戻るとすっかり有名人なサンラク。そりゃそうですよね…あの立ち回りだと…そして相変わらずこういう変な装備をつけることでしか周りの目を誤魔化せないとは…幸運値極フリとは一体…斎賀さんはなんかようやく報われ始めた?ようでよかったです。そして始まるユニークモンスター攻略。ペンシルゴンの誘いを受けたクソゲーマーのサンラクとプロゲーマーのカッツォがシャングリラ・フロンティアで邂逅

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました