「異界心理士の正気度と意見1 ―いかにして邪神を遠ざけ敬うべきか―」水城正太郎 HJ文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは水城正太郎さんの「異界心理士の正気度と意見1 ―いかにして邪神を遠ざけ敬うべきか―」です!ストーリー A内容は、2013年に江ノ島に上陸した写真により鎌倉周辺が異界と呼ばれるようになった世界。女性心理士の間宮純はそんな鎌倉周辺で怪異に魅せられる人々を診療していた。そんなある日、患者の診察を通じて島野偃月という異界に侵された人間の治療が専門の心理士に出会うが…とこんな感じです!〜怪異と対峙した時は〜水城正太郎さんの新作!参加させていただいているHJ文庫公式レビュアープログラムの作品です。ありがとうございます。水城正太郎さんの作品は「道化か毒か錬金術」以来ですね。上記作品が面白かったので新作が出ると聞いて楽しみにしてました!クトゥルフをモチーフに鎌倉周辺で起こる怪異にまつわる事件を解決するオカルトチックな作品でした!面白かったです!2013年に出現した邪神により異界と呼ばれるようになった鎌倉周辺。多発する怪異事件に興味のある純は鎌倉周辺で心理士として働いているところ、島野偃月という異界専門の心理士に出会い…物語は連作短編形式で描かれて各話に登場する患者が持ち込む怪異に関する事件を解決するお話となっています。この怪異はクトゥルフがモチーフになっています。全4話それぞれおどろおどろしい怪異のお話で不思議と引き込まれていきますね…狂ったように邪神の絵しか描かなくなった画家、マルチに騙されかけた青年がたどった運命、過去と今を行き来できる謎のサーカス、死者を蘇生しようと試

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました