「PAY DAY日陰者たちの革命」達間涼 MF文庫J

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは達間涼さんの「PAY DAY日陰者たちの革命」です!ストーリー A内容は、カツアゲ仮面という人の命を奪う都市伝説の化け物。彼の正体は不良少年の鳥羽春樹だった。彼は人々からカツアゲ仮面の能力である爆発の力を使い命を奪い、魔女のアポトーシスに上納金として支払っていた。しかし魔女の要求は徐々に釣り上がり1000年分の命を要求されてしまう。春樹は仲間たちと協力して1000年分の命を集めようとするが、彼の前に全勝無敗のヒーローであるブレイズマンが立ちはだかり…とこんな感じです!〜命を燃やして命を稼げ〜第16回MF文庫Jライトノベル新人賞審査員特別賞受賞作!ダークな世界観にダークヒーローの等身大の姿が描かれるいい現代アクションものでした!面白かったです!魔女によってフォールドという化け物にされ、人々から命を奪い上納金として収めるように強制される鳥羽春樹。彼はカツアゲ仮面として日々、悪人から命を奪っていて…まずなんといっても設定がいいですよね!魔女に能力を与えられ、その能力を使い人々の命を奪う。命は銀貨となり、フォールドたちは銀貨の命を代償に能力を行使して命を奪う…上納金として支払うのも命、人々から奪うのも命、自分の能力の代償も命…命に支配されている世界観はたまらなかったです!物語は魔女によって1000年分という途方もない命の上納金を要求された春樹がなんとかそれを支払うために他のフォールドたちと、そしてフォールドたちを相手に全勝無敗のヒーローであるブレイズマンと戦うのが軸

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました