2冊と1紙が届く

小説の書評と感想
 最近に手許に届いた、2冊と1紙を紹介する。 3月29日(月曜日)に、結社歌誌「覇王樹」2021年4月号が届いた。 同・3月号の感想は、先の3月27日にアップしたばかりである。
 結社のホームページ「短歌の会 覇王樹」は、既に4月号仕様である。 僕の歌「柚子シロップ」6首(無選)は、もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の、3月31日の記事より、2回に分載した。横書きながら、ご覧ください。
 同日に、福井県詩人懇話会の会報104号が届いた。同・102号が、昨年3月28日に記事アップされている。103号は、アップを忘れたらしい。
 104号の1ページめである。今さらながら、プライバシーと著作権の保護のため、1部を除いてモザイクを掛けてある。 「ふくい詩祭2020」及び「第42回 会員の詩書を祝う会」の記事の、写真12枚はすべて(モノクロ化されているが)、新サスケこと僕の撮ったものである。 詩人懇話会の仲間のA・幸代さんが、年刊個人詩誌「野ゆき」vol.11を送ってくださり、4月1日(木曜日)に届いた。 同・vol.10は、1昨年12月19日の記事にアップした。
 いつも年末の発行なので、昨年末も待ったのだが届かなく、今年4月になって届いた。例年通り、短詩5編を収める。いつか感想をアップしたい。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました