「ワンダンス5」珈琲 アフタヌーンコミックス

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは珈琲さんの「ワンダンス5」です!前巻の記事↓ストーリー A一凛高校のメンバーが無事決勝トーナメントに進んだ高校対抗ダンスバトル。湾田はいきなり挑発的なムーブを仕掛けてくるマッチンと勝負することに。そんな湾田のダンスを見てカボの中に特別な感情が生まれ始める。一方、部長の恩ちゃんは昌谷高校のダンス部部長である巧宇仙と戦うことになるが…〜湾田に対する特別な感情〜シリーズ第5弾!そしてダンスバトル編決勝トーナメント開幕!今回はもうただひたすらに絵に呑まれましたね…知らない音がこんなにうるさく聞こえてくる作品はこの作品以外ないです。最高に面白かったです!まずは湾田vsマッチンの戦い。湾田を挑発してくる相手に対して湾田が決めるムーブがかっこよすぎましたね…これはイケメンすぎます…そしてそんな湾田に特別な感情が芽生え始めるカボ…奪い去りたくなるって凄まじい感情ですよね…絶対にカボにしか抱けない感情ですよ。そして恩ちゃんと宇仙のバトル。宇仙はなんか初登場の時からいけすかない感じがしていたんですけど、こうして真っ向からダンス魅せられると印象変わりますね…そしてカボのターンが終わったところで伊折の超絶ダンス。ここの絵が本当にやばいです。ダンスも曲も全然わからないですけど、伊折が踊るシーンは確かに音が聴こえて伊折が目の前で踊っているんですよね。絵で音と映像をこんなに味合わせてくれるなんて…もうとにかく凄すぎて言葉にできないです。巻末には「のぼる小寺さん」のコラボ漫画もあり最後はち

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました