届いた2冊を紹介する(20)

小説の書評と感想
 最近に手許に届いた2冊を紹介する。 今月4日の記事で、釈迢空の全詩集Kindle Unlimited版のダウンロードを報せた。
 その際、彼の全歌集をほしいと書いた。それがAmazonで検索すると、角川ソフィア文庫にあった。釈迢空全歌集 (角川ソフィア文庫)折口 信夫KADOKAWA/角川学芸出版2016-06-18 ただし税別:1,640円とかなり高価である。メルカリで古本が出ていないか調べると、古本はないが、新刊書・部門のメルカリブックスで出ている。メルカリはdポイントが使え、僕の分の期間限定ポイントが残っていたので、ポイントで買った。 未読の歌集「遠やまひこ」を含む。「山の端」はないが、未刊歌集に含まれるのかも知れない。ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸 よくわかる栽培12か月)成広, 芝沢NHK出版2004-04-14 実はボタンで唯一の斑入り品種「島錦」の苗を買ったのである。楽天のある店で、接ぎ木2年生・苗:2,400円、送料:880円、合計:3,280円のところ、楽天ポイントを使って、1,111円のクレジット払いで済んだ。苗はもう10号鉢に植え付けた。莟が1つある。 解説書が1,045円と割高だが、株は大きくなるかも知れないし、ボタンを買い増すかもしれない。毎月の世話が書いてあるのは、わかりやすい。写真ACより、「ガーデニング」のイラスト1枚。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました