「武装メイドに魔法は要らない」忍野佐輔 富士見ファンタジア文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは忍野佐輔さんの「武装メイドに魔法は要らない」です!ストーリー A内容は、漫画に出てくる武装メイドに憧れていた仲村マリナは民兵として参加した紛争で命を落としてしまう。そして転生したのは異世界。人型のゴーレムの体を手に入れた彼女はスカートの中から自由自在に重火器を召喚できるという能力を授かる。辺境伯の公女・エリザベートと出会った彼女は謀略の末に今にも奪われそうになっているチェルノートを守べく戦うことになるが…とこんな感じです!〜異世界で弾丸をぶっ放す!〜カクヨムからの書籍化作品!魔法が存在する異世界で現代の銃火器をぶっ放せたら?しかもそれがモノクルつけたメイドだったら?というフェチを存分に詰め込んだファンタジー!とにかく燃える銃vs魔法のバトルアクションを存分に楽しませていただきました!面白かったです!民兵として参加した紛争の果てに死亡した仲村マリナ。生前彼女が憧れていたのは漫画に出てくる武装メイド。そんなマリナは転生した異世界でゴーレムの体と銃火器を自由に召喚できる能力を手に入れ、エリザベートと彼女の領地を守るために戦うことになります!序盤はサクサクと進んで早々に武装メイドが誕生する流れがよかったですね。世界観や設定の説明もスムーズですっと物語の世界観にはいりこんでいけました!そしてここからは怒涛のバトル!敵国と通じているということをでっちあげてエリザベートの命を狙うエッドフォード家の次男・リチャードをはじめとした魔法や幻獣の使い手たちと戦うことに!魔法に弾丸

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました