『「明治」という遺産:近代日本をめぐる比較文明史』(ミネルヴァ書房) – 著者: 瀧井 一博 – 磯田 道史による書評

書評総合

『「明治」という遺産:近代日本をめぐる比較文明史』(ミネルヴァ書房)著者:瀧井 一博
Amazon |
honto |
その他の書店
「融通」が力の源泉だった
『「明治」という遺産』という題だが、明治維新の顕彰本でも礼賛本でもない。とにかく重厚な本である。なにしろ国内外の第一線研究者が30人も集い、「明治日本」を30章にわたって論じている。分野も経済史・思想史・制度史・意匠史・学問史・建築史・国際関係史など幅広い。高価な本で、新聞で書評するかためらったが、現時点での「明治」研究の重要業績だから紹介する。一昨年、政府は「明治150年」の顕彰に熱心であった。一方、国内の歴史学会の多くは冷淡。「創られた明治」像の政府による再生産として反駁(はんばく)した。そして国民一般は盛り上がらなかった。東日本出身者の多い東京が日本の中心になって久しい。山口選出の首相が明治顕彰の旗を振っても大多数はついてこなかった。何より明治生まれは、もはやまれ。「明治は遠くなりにけり」で普通の国民は明治を意識しなくなった。しかし「明治」はグローバルな視野でみれば、まだまだ面白い。明治維新は海外から影響をうけ、海外に影響を及ぼした。本書は、国内事情で明治の善悪功罪を論じるものではなく、国際的な明治日本への関心にこたえる議論をめざした本である。本書では30人の論者がそれぞれ「明治」理解の「補助線」を用意して論じている。従来、明治維新は、王政復古(天皇制)・富国強兵(西洋近代化)・公議輿論(よろん)(立憲政治・議会制)などで論じられてきた。明治は近代と中世が混じっている。基本は農業社会だから、君主と親への忠孝=中

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました