「月とライカと吸血姫6 月面着陸編・上」牧野圭祐 ガガガ文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは牧野圭祐さんの「月とライカと吸血姫6 月面着陸編・上」です!5巻の記事↓
星町編の記事↓ストーリー A内容は、停滞気味の宇宙開発を隠蔽するための無茶な計画のせいで死んだミハイル。レフたちはミハイルの死を無駄にしないために、かつてコローヴィンが極秘に記した共和国と連合王国の共同計画を世界に暴露した。レフたちの思惑通りにゲルギエフは連合王国との共同計画を宣言。全4段階に及ぶ計画がスタートする。失敗すれば即計画は中止という厳しい条件の中、レフとイリナは連合王国へ。バートとカイエは共和国へと向かうことに…とこんな感じです!〜月への道は開かれて〜シリーズ第6弾!星町編も入れるとシリーズ合計では7冊目になりますね。まず言わせてください…アニメ化おめでとうございます!こんなに!こんなに嬉しいアニメ化はあと10年はないです!あぁ…レフがイリナがアニメで動く姿が見られるなんて…アニメ化発表を見た時は半年ぶりくらいに涙しました…本当に生きててよかったです…アニメ化を糧に日々の残業頑張ります(真顔)閑話休題。今回は上下巻の上巻、内容としては計画の序盤から中盤ということもあり、次巻に向けた準備といった印象が強かったですね。それでも久しぶりにレフ、イリナ、バート、カイエに会えてそれだけですごく嬉しいですし、共同計画のお話はすごくワクワクしますしレフたちが連合王国で、バートたちが共和国で訓練したり研究したりする様子を楽しませていただきました!面白かったです!物語はレフたち共和国側の視点

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました