BASARA30周年記念カレンダーポストカード切手シートセット到着

小説の書評と感想
BASARA30周年記念郵便セットが届いたよー!ポストカードは使えないだろうなあ。眼福。  切手シートも素敵です。まいにちBASARAカレンダー置き型日めくりカレンダー(日付の数字のみ)日めくりは表裏使って1日〜31日まで。コミックスの1ページがあてられおります。カレンダーとしての機能はかなり低いですね。カレンダーとして使う気もないのでいいですけども。なぜその頁を選んだのか、カレンダーの選定基準に想いを馳せるのも楽しい。グッとくるシーンそのものもあるけど、名言一歩前の頁もある。めくるたびに再読したくなって困ります。好きな場面や好きなセリフやら、いっぱいあるなあ。一個一個語りたい。揚羽が風のない場所に行くシーンや蜻蛉が戻ってきちゃうシーンもあって、わたしは泣いた。カレンダーの一枚絵でも条件反射で泣けてしまう。擦り切れるほど読みまくったので1ページぶんの絵と文字があれば前後も思い出す。ひーちゃんが手を切ってパイナップル頭にいますぐ吸血鬼になって血を飲んで回復させようとするとことか……いいよね!カザン将軍が千草さんを「断じて」利用してないって言うシーンもいい。絵面としては「疾く徒野を…」辞世の場面の方が好きだけども。浅葱はそこかー!次の頁じゃないの?!次の頁がいいのにっ  あー 読みたい!!茶々と座木さんのあのシーン、今帰仁のあのシーン、四道ちゃんのあのシーン、角じいのあのセリフ……ああぁあああ、蘇る〜 読みたいーー!!ダメだ…返却期限が過ぎた図書館本(読みかけ)を放置してBASARAに手を伸ばしたら……っ(BASARA全巻、実家から持ってきてある)図書

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました