『アフリカ人学長、京都修行中』(文藝春秋) – 著者: ウスビ・サコ – ウスビ・サコによる本文抜粋

書評総合

『アフリカ人学長、京都修行中』(文藝春秋)著者:ウスビ・サコ
Amazon |
honto |
その他の書店
月刊ALL REVIEWS第27回「ウスビ・サコ(京都精華大学学長の) × 鹿島 茂(仏文学者)、ウスビ・サコ『アフリカ人学長、京都修行中』を読む( https://allreviews.jp/news/5407 )」が2021年3月20日(土)19:30~21:00にオンライン開催。ALL REVIEWSでは『アフリカ人学長、京都修行中』(文藝春秋)から一部抜粋しお届けします。
京ことばはむずかしい!
日本に来て戸惑ったのは、日本人ははっきりものを言わないということです。プロローグで少し触れましたが、そもそも、私が京都に来た時のきっかけは、東京で滞在させてもらっていた家の人から、「祇園祭でも見てきたら?」と勧められたことでした。その結果、私は京都にすっかり根を下ろしてしまったわけですが、いま思えば、あれは「そろそろ、出て行ってくれない?」という遠回しなお願いだったのでしょうか。この話をすると、「サコ先生、よそ様の家に何日も滞在して、よく平気でしたね!」と、知り合いの日本人から呆れられます。「迷惑だな」「嫌だな」と思っても、それを相手にそのまま伝えない。言われた人が不愉快にならないよう、婉曲な表現をすることで、相手が気づくよう仕向ける。これは日本人特有のコミュニケーション術ですね。しかし、外国人には高度すぎて、なかなか理解できません。「言いたいことがあったら、はっきり言ってよ!」と叫びたくなったことは、一度や二度ではありません。日本人のコミュニ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました