「ギルドの受付嬢ですが、残業は嫌なのでボスをソロ討伐しようと思います」香坂マト 電撃文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは香坂マトさんの「ギルドの受付嬢ですが、残業は嫌なのでボスをソロ討伐しようと思います」です!ストーリー A内容は、公務だから超安定していて内勤だから危険もない。そんな夢の職業であるギルドの受付嬢として働くアリナ。だがその実態は残業ばかりのブラック職場⁉︎残業が増えている原因は冒険者たちがなかなかダンジョンを攻略できないせいだと知っているアリナは、ひた隠しにしている裏の顔である<処刑人>としてダンジョンの攻略の妨げになっているボスを1人で撃破しては残業のない日々を確保していた。そんなある日、ギルド最強のパーティ<白銀の剣>でタンク役を務めるジェイドにアリナの正体が知られてしまう。果たしてアリナは受付嬢の平穏な日々を維持することができるのか…とこんな感じです!〜残業が終わらないなら私がボスを倒せばいい!〜第27回電撃小説大賞金賞受賞作!おてんば?ガールによるライトなファンタジーでした!面白かったです!超安定しているギルドの受付嬢として働くアリナ。しかし冒険者たちがダンジョンをなかなか攻略できないせいで残業が増えていることが我慢ならないアリナは単身でギルドの優秀なメンバーたちが倒せないダンジョンのボスを撃破して平穏な日々を手に入れています。しかしある日、ジェイドというギルド最強のパーティーに所属する青年に正体を知られてしまい…序盤はアリナの高めのテンションとザクザクと小気味良いテンポで世界観やアリナのことが説明されていくのでスルッと物語に入っていけますね!アリナのと

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました