『インビンシブル・カンパニー「無敵の会社」を作った39パターンのビジネスモデル』

ビジネス書の書評と感想
インビンシブル・カンパニーとは、「無敵の会社」「無敵の企業」といった意味です。
そんな企業になるために、ビジネスモデルなどが紹介されています。
 
『インビンシブル・カンパニー「無敵の会社」を作った39パターンのビジネスモデル』
 アレックス・オスターワルダー,イヴ・ピニュール, フレッド・エティアンブル,アラン・スミス

インビンシブル・カンパニー 「無敵の会社」を作った39パターンのビジネスモデル
作者:アレックス・オスターワルダー,イヴ・ピニュール,フレデリック・エティアンブル,アラン・スミス
発売日: 2021/01/18
メディア: Kindle版

Amazon
楽天

目次
1. ツール探索活用探索ポートフォリオ/活用ポートフォリオ2. 管理探索活用3. 発明フロントステージの破壊バックステージの破壊利益方程式の破壊4. 改善価値提案移行フロントステージ主導型移行バックステージ主導型移行利益方程式主導型移行5. カルチャー探索カルチャーのデザインあとがき
『インビンシブル・カンパニー』のここに注目・言葉・名言
「他社より優位性を保ち、ディスラプション(既存ビジネスの崩壊、破壊)に打ち勝つには、常に自己変革を行う必要があります。ビジネスモデルの賞味期限はかつてないほどに短く、ビジネスの衰退に伴い時代に取り残されるわけにはいきません。競争相手も既知のライバル企業だけでなく、既成概念にとらわれないスタートアップのように思いがけないところから登場するようになりました。 「インビンシブル・カンパニーは」は、時代をリードしつづけるために自己変革するとともに、常に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました