暁龍「可哀想な姉」を読む

小説の書評と感想
 今月4日の記事、ダウンロードした4冊を紹介する、でAmazonのKindleストアよりダウンロードの4冊を報せた。
 その内、「家庭サスペンス」vol.23より、暁龍さんのマンガ、「可哀想な姉」を読み了える。 暁龍さんのマンガは、2月8日に記事アップした、「パラサイト イクメン」以来である。
家庭サスペンスvol.23 特集:毒身内佐嶋しおり笠倉出版社2020-01-22 特集は「毒身内」である。8名の女流マンガ家が、8編を寄せている。 暁龍さんの「可哀想な姉」は、モノクロ、32ページ。 暁龍さんのマンガ「可哀想な姉」では、虚弱な姉が祖母・母に甘やかされてニートに育つ。父は甘やかしぶりに呆れて家を出る。 母が癌で亡くなると、姉はネットの仕事に入るが、詐欺まがいで、預金をほとんど使ってしまった。「私」は家を出てアパート住まいを始める。姉が残された家に、祖母が住み移って、さらに甘やかし、姉は資格取得と偽って、ゲームに耽る。祖母が亡くなり、姉は帰って来なかった(祖母の貯金は全部引き出して)。半年後、姉が現れて「私」にお金をせびるが、「私」は突き放す。数年後、結婚した「私」は、姉が食い逃げ常習犯としてテレビに映っても、夫に知らない人、と応える。 僕も人に甘えた所はあるが、家業の農作業を手伝い、結婚して現場で働き、一人っ子を育てて来た。この姉ほどでは、ないと思う。 暁龍さんのマンガでは、家族の愛憎を、ネットを小道具に取り入れ描いた作品が多い。ご自身が、ブログ、インスタグラム、ツイッター、ユーチューブ等でご活躍だからだろう。 

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました