「ユア・フォルマ 電索官エチカと機械仕掛けの相棒」菊石まれほ 電撃文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは菊石まれほさんの「ユア・フォルマ 電索官エチカと機械仕掛けの相棒」です!ストーリー B内容は、ユア・フォルマという脳に埋め込んで使用するデバイスが普及した世界。ユア・フォルマに記録されたデータから事件捜査を行う電索捜査官のエチカは天性の情報処理能力の高さゆえに電索補助官の脳を焼き切っては病院送りにしている孤高の天才だった。そんなある日、エチカに新たなパートナーとしてアミクスという人形ロボットであるハロルドが電索補助官としてあてがわれる。2人は電子ウイルス事件を調べることになるが、その過程で衝突していき…果たして2人は無事に事件を解決することができるのか…とこんな感じです!〜記憶と記録から追え〜第27回電撃小説大賞大賞受賞作。近未来を舞台にしたSFですね。個人的に文章が合わなかったこと、キャラに魅力を感じなかったことを除けばそれなりに楽しめる作品でした。まず文章。これがどうにも合わなかったです。合わなかったポイントしては二つ。一人称と三人称が入り混じるのと、セリフと地の文を合体させた文章が散見されることです。一人称と三人称の組み合わせ方自体は良いのですが、エチカの感情が挟まる文章はなんかこう「エチカってこんなに内心激しく感情が揺れ動くのか…?」と思ってしまう場面も多々ありました。あとセリフのあとのに改行入れずに地の文がしかも三人称視点でくるとなんかこう脳内で会話から思考に切り替わらずに混乱します。文章が合わなかったこともあり、300ページ以下の作品でしたが3時

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました