上野先生、フェミニズムについてゼロから教えてください! 上野千鶴子 田房永子

小説の書評と感想
ゼロからフェミニズムを学べるかな?と思って読んでみた。 『上野先生、フェミニズムについてゼロから教えてください!』会話形式の対談本で、頁下部に注釈がついている。横書き。    前半は全共闘世代の上野千鶴子の青春時代が語られ、そのあとは社会と女性の関係性の変遷について語られる。     わりと、恨み節。 上野千鶴子にとってフェミニズムは私怨なのだという。田房永子にとっても怨みや怒りの発露の一環なのだと感じた。 イラストも多く読みやすかったけれど、ふたりから放たれる負のエネルギーが、正直しんどい。 母親への不平不満、社会や男性への恨みつらみ、意見や思想を異にする人間への蔑視、透けてみえる選民意識……      女性の権利を勝ち取るため、男尊女卑の世界を変えるため、頑張ってくれた先達のおかげで今がある。 その点について異論のある女性は少ないと思う。 それなのにフェミニストや女性の権利を守ろうと運動する人たちを遠巻きにしてしまうのは、怨念たっぷりの攻撃性に恐れおののいてしまうからだ。  男性の既得権益と排他性と暴力を否定しながら、口汚く罵る。追い詰める。屈服させたと拳を突き上げる。  こ、こわ〜       そういうことが聞きたいんじゃなかったのに。 フェミニズ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました