座敷童子の代理人8/仁科裕貴

書評総合
◆本の内容(amazon.co.jpより引用)八月下旬。ようやく暑さが和らいできたある日、迷家荘の蔵から謎の絵画が発見された。ふと手にした和紗だったが、突然倒れてしまう事態に。どうやら霊に取り憑かれてしまった様子。司貴たちが霊の正体を暴くべく調査を始めると、発見された絵画が“供養絵額”と呼ばれる死者の鎮魂のために描かれたものだと判明する。その絵に込められた想いを紐解くとき、事態は遠野全体を巻き込む大騒動に発展し―!?司貴と和紗の関係も気になる、大人気シリーズ第8巻!◆感想 うーん……(--ゞ 面白かったか面白くなかったかで言えば面白かったです。 ただ、個人的には少し尻切れトンボっぽい印象を受けました。 いろいろとハラハラドキドキな展開がありましたが、 それらが全て、あっさり解決しちゃった印象です。 ちょっと肩透かしを喰らった気分になりました。 見方を変えれば、それだけ盛り沢山だったってことですけどね。 人騒がせな新キャラが出てきたり、あの人が再登場したり、 あの人が昔はあの人だったり、情報量が多かったです。◆お気に入り度 星3つ:★★★◆日記とか雑談とか さて、昨日は23時過ぎに寝たのですね。 起きたら16時半でした(--; 16時間以上寝ちゃったよΣ( ̄◇ ̄; 確かに私はロングスリーパーですが、 風邪を引いているわけでもないのに16時間以上寝たのは さすがにビックリです。 そして、さらに凄いのが(--)b ぶっちゃけ、まだ寝れる(--)Zzz・・ さすがに起きて活動していますけどね。 その気になればまだまだ寝られそうな自分にビックリです。
Source: 総合

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました