『患者の話は医師にどう聞こえるのか』(みすず書房) – 著者: ダニエル・オーフリ – 養老 孟司による書評

書評総合

『患者の話は医師にどう聞こえるのか』(みすず書房)著者:ダニエル・オーフリ
Amazon |
honto |
その他の書店
あますところなく聞く大切さ
著者は米国最古の公立病院とされるベルビュー病院勤務で、特定分野の専門医ではなく、プライマリー・ケアにかかわる女医で、本書は医師と患者間の話し合いに長年にわたって強い関心を持ち続けた結果をまとめた研究である。とはいえ、ふつうなら統計的に行われる社会学的な研究ではなく、その種の研究は引用されているだけで、著者自身が直接にかかわった患者さんたちの印象的なエピソードが、いわば文学的に記されている。その点が一般の読者にとっても興味深く、読みやすいであろう。本書のタイトルは逆転してもいいわけで、それなら医師の話は患者にどう聞こえるか、ということになる。医師がとくに苦労するのは、暗いニュースを伝える時で、こうした問題は、具体的にさまざまな状況を考慮すれば、医師―患者関係にとどまらず、人間―人と人との間―の一般的なコミュニケーションの問題に拡張できるはずである。つまり親と子、教師と生徒、上司と部下というような関係である。米国は日本と違って実に多様な文化的背景を持った人々の集まりだから、医師と患者の組み合わせも多種多様になる。近年日本ではOD(オープン・ダイアローグ)が行われ、その効果が言われている(斎藤環、與那覇潤著『心を病んだらいけないの?―うつ病社会の処方箋―』新潮選書)。これは医師、患者、看護師など、関係者が集まって、全体で話し合う場を持つというものである。本書でも示されているように、対話そのものが治療であることは、ODの場合だけでは

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました