『日本習合論』(ミシマ社) – 著者: 内田樹 – 橋爪 大三郎による書評

書評総合

『日本習合論』(ミシマ社)著者:内田樹
Amazon |
honto |
その他の書店
異物の排除が進む恐怖
内田樹氏の書くものはひと筋縄でない。合気道の達人で、エマニュエル・レヴィナスの研究者。油断すると一本取られてしまう。今回テーマは神仏習合だ。《話があちこちへ散らばっ》た(あとがき)とあるが、むろんわざと。軸足がちっともぶれていない。ソマリアで人道支援をする青年がはるばる訪ねて来た。「人間関係というのは共感をベースにしないと成立しないものでしょうか?」。訊ねる声がいい、笑顔がいい、握手がいい。海賊や殺人犯を更生させる修羅場も務まるだろう。《おぬし、できるな》と二秒で見抜く。本書はこんな武道の技の連続である。さて、明治の神仏分離令で、神道と仏教が別々にされた。神社の社僧らは《還俗(げんぞく)帰農するか、神官に職業替えするか二者択一》を迫られた。千年以上の伝統が一夜で消えた。なぜ誰も反対しない? 内田氏はこの謎を追って行く。そもそも日本は雑種文化なのだった。両立するはずがないものを受容する。やがて化学反応が起こり、異質なものも共存できるようになる。かけ離れた他者の間に共通項がみつかる。それを繰り返してきた。内田氏はここに、わが国独自の創造力の源をみる。白人至上主義や排外主義はなぜだめか。俺たちの不幸はあいつらのせい。ナチスはユダヤ人を排除し抹殺した。でも戦況は好転しない。チャーチルもスターリンもユダヤ人の手先なのかも。戦況がなお悪化した。軍中枢にユダヤ人が隠れているに違いない。異質な他者を排除すれば問題は解決する、はありがちな妄想なのだ。 共感できる同質な人びと

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました