『JR品川駅高輪口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

小説の書評と感想
『JR品川駅高輪口』柳 美里 河出文庫 2021年2月20日新装版初版

JR品川駅高輪口 (河出文庫)

誰か私に、生と死の違いを教えて下さい - 電車の中、携帯電話の画面を見つめる少女、市原百音・高校一年生。形だけの友人関係、形だけの家族。「死」 に魅せられた少女は、21時12分品川駅発の電車に乗り、「約束の地」 へ向かうのだが・・・・・・・。居場所のないすべての人へ - 全米図書賞受賞作 『JR上野駅公園口』 に並ぶ、「山手線シリーズ」 の傑作。◎「新装版あとがき」 収録/文庫 『まちあわせ』 を改題 (河出文庫)

主人公は品川駅高輪口近くの住宅地に暮らしている高校生、市原百音 (いちはら・もね) だ。学校ではいじめにあい、家庭では両親が不仲な上、母親の愛情は弟に注がれており彼女には自分が愛されていると実感できる場がない。居場所がないのだ。唯一の救いはすでに亡くなった祖母の記憶でそこにかすかな救いがある。

学校での仲良しグループに村八分にされた状況は、そこまでひどいいじめとはいえないと思われる人もいるかもしれない。ただ物理的な危害のないいじめは、孤立感や無力感は他人に理解されがたく、解決方法が見つけにくいため、本人にとっては真綿で首を締められるようなものだ。

そんな百音の日課はネットの自殺志願者の掲示板をのぞくことで、どうやら彼女自身も書き込んでいる模様。彼女は自殺という行為に魅せられているのだ。そんな一人の少女の日常が、本人のモノローグであったり、三人称であったり、周囲の脈絡のない雑談や駅のアナウンス、そしてネット上のやりとりによって包まれなが

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました