『「陽」 HARU Light & Letters: 3.11 見ようとすれば、見えるものたち。』(草思社) – 著者: 平林 克己,横川 謙司 – 玄侑 宗久による後書き

書評総合

『「陽」 HARU Light & Letters: 3.11 見ようとすれば、見えるものたち。』(草思社)著者:平林 克己,横川 謙司
Amazon |
honto |
その他の書店
先日の2021年02月13日、まるで10年という期間を見定めたかのように、東北で大きな地震が起きました。2011年3月11日、東日本大震災から10年の時が経とうとしています。被災直後、日本中が一丸となって復興に向かいましたが、それから月日が経ったいま、その後の復興は順調でしょうか、それとも停滞しているでしょうか。新型コロナウイルスに見舞われ、誰もが目の前のことで精いっぱいではありますが、見過ごしてはいけないことを、見過ごしてしまってはいないでしょうか。本書は、震災以降、復興ボランティアに従事しながら平林克己氏が撮りためてきた写真と、その写真を各地で展覧した際に横川謙司氏が添えた、これからの世界を見据えるための言葉をまとめた、「気づきのための道標」となるような写真集です。今回は、作家であり住職でもある玄侑宗久氏が本書に寄せたあとがきを公開いたします。
希望の仕組み
気がつくと、私の斜め後ろあたりでニコニコ佇み、同じ風景を私の後頭部も含めて見つめている。平林さんに初めて遇ったときの印象である。どこにでもすっと潜り込んでしまうのが彼特有の力だと思う。今回の写真集には、横川謙司氏の言葉(Letters)が入ったという。空間的にも時間的にも放射性の強い彼の写真たちを、言葉が限定しすぎないか、私は不安を感じつつ頁を捲った。が、杞憂だった。言葉はあくまで限定するツールだが、ここではディレンマや矛盾

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました