「キミに捧げる英雄録1 立ち向かう者、逃げる者」猿ヶ原 MF文庫J

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは猿ヶ原さんの「キミに捧げる英雄録1 立ち向かう者、逃げる者」です!ストーリー A内容は、何の取り柄もなくて臆病で弱虫なアイルh幼い頃から何もすることができずただ端役として生きているだけだった。そんな彼は英雄録という精霊が英雄たちの活躍を記す書物に乗るほどの実力の持ち主である同郷のベルに弟子にならないかと誘われる。はじめは臆病な自分が英雄になんてなれるわけがないと断るアイル。しかし姉弟子のシティと出会い、ベルからの言葉をきっかけに英雄になるために修行を始める。臆病で弱いアイルが英雄になる物語が幕開ける!とこんな感じです!〜臆病で弱くても主役になりたい〜2月のMF文庫の新作!新人賞の拾い上げからデビューされた作家さんですかね?とにかく熱量が半端じゃないめっちゃくちゃに熱いファンタジーでした!面白かったです!幼い頃から臆病で弱虫で泣き虫で英雄ごっこではいつも端役をやらされていたアイル。そんな風に育ったアイルはいつまでも臆病者のまま。しかしある日、憧れの英雄であるベルから「私の弟子にならない?」という言葉で運命が変わります。ベルの弟子になったアイルは英雄を目指して修行を始めることに…導入から世界観でがっちりと読者の心を掴んできましたね。世界で活躍する英雄たち。その英雄たちの活躍を精霊たちが紡いで英雄録としてまとめる。世界は英雄が主役で端役がそれを引き立てる…魔法がなく純粋に剣の世界というところも心躍りますね!ベルの弟子となり英雄を目指すために努力を重ねるアイル。姉弟

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました