『「無敵」のマインドセット 心のブレーキを外せば、「苦手」が「得意」に変わる』

ビジネス書の書評と感想
スタンフォード大学教育学部教授のジョー・ボアラー氏が、学習、学ぶことについて書かれています。
タイトルからは少し違う話のように思えるかもしれませんが。
 
『「無敵」のマインドセット』ジョー・ボアラー

「無敵」のマインドセット 心のブレーキを外せば、「苦手」が「得意」に変わる (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)
作者:ジョー ボアラー
発売日: 2020/09/18
メディア: Kindle版

Amazon
楽天

目次 
序章 無限の可能性へー6つのステップ第1章 脳の可塑性が、すべてを変える第2章 なぜ私たちは、ミス、つまずき、失敗を愛するべきなのか?第3章 心を変えれば、現実は変わる第4章 つながる脳内ネットワーク第5章 「スピード」から「柔軟性」の時代へ第6章 共同作業で限界を超える終章 「無敵」のマインドセットで生きるということ
『「無敵」のマインドセット』のここに注目・言葉・名言
「学習すると、3つの方法で脳が成長することがわかっている。1つめは、新しい神経回路の形成だ。2つめは、すでに存在する神経回路の強化。はじめは微細な回路も、深く学ぶほどに強くなる。3つめは、以前はつながっていなかった回路間の接続である。」(p.32)
3つの段階
こういった3つの段階の脳の成長があるということです。
学習する際には、3番目のつながっていなかった回路間の接続を目指すと、良いということがわかりますね。
そして、そのためには、相応の時間がかかるということです。
失敗すると、脳の神経細胞の接続は強化される
「どのようにすれば「超一流の回路」が育つのだろう?理解力

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました