「培養カプセルを抜けだしたら、出迎えてくれたのは僕を溺愛する先輩だった」冴吹稔 富士見ファンタジア文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは冴吹稔さんの「培養カプセルを抜けだしたら、出迎えてくれたのは僕を溺愛する先輩だった」です!ストーリー A内容は、才色兼備なお嬢様である薫子と付き合うことになった和真。しかし不意の事故に巻き込まれてしまう。和真が次に目を覚ますとそこは240年後の世界!なんと薫子が自身のクローンを何体も作り、長年研究を重ねて事故で死んでしまった和真を蘇らせたという。久しぶりの先輩との再会を喜ぶ和真だが、なんと240年の間に文明は衰退していた⁉︎終末世界で先輩との青春を取り戻すための日々が始まる!とこんな感じです!〜終末世界で青春できますか?〜第5回カクヨムWEB小説コンテストSF・ゲーム部門特別賞受賞作!ポストアポカリプスな日本を舞台に日常?非日常?を謳歌する和真と薫子が魅力的な作品でした!面白かったです!事故に巻き込まれて死んでしまうも、恋人である先輩の薫子によって240年後に和真が蘇るところから物語は始まります!好きな人を240年もかけて蘇らせると聞くとなかなかのヤンデレっぷりを想像しますが、当の薫子さんが研究者気質だからかあんまりヤンデレ感ないですね。いやヤンデレですが。和真が死んでいた240年の間に色々あり一気に衰退した文明。日本には数万人の人々しか残っていないとされ、和真が眠っていたラボを除けば街はジャングルのようになっていて…いいですね…人がいなくなった東京、ジャングル化する街…野盗や奴隷商人が跋扈するというのも終末感あってグッドです!和真を救うために色々とハイスペ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました