届いた5冊を紹介する(3)

小説の書評と感想
 最近に手許に届いた5冊を紹介する。パイロットフィッシュ (角川文庫)大崎 善生KADOKAWA2012-10-01 今月13日の記事、大崎善生「ドイツイエロー、もしくはある広場の記憶」の感想で、酷評した所、あるサイトでブログの知人が奨めてくれた、大崎善生の小説である。
ピンクとグレー (角川文庫)加藤 シゲアキKADOKAWA/角川書店2014-02-25 初めての作家さんである。作者はアイドルグループNEWSの1員だという。何となく注文した。たゆたえども沈まず (幻冬舎文庫)原田 マハ幻冬舎2020-04-08 あるブログ(もう覚えていない)で、褒められていたので。原田マハには失望した経験があるが、思い直して。 上記3冊の文庫本はそれぞれ、メルカリで買った。メルカリ残高が0になり、クレジット払いに食い込んでしまった。 神戸大学短歌会から、「神大短歌」vol.7が届いた。誌代:500円、送料:180円、手数料:110円と、高価になってしまった。神戸大学短歌会のTwitterのツイートより注文できた。僕は若い歌人の作品に興味がある。 所属する結社の歌誌「覇王樹」の2021年3月号が届いた。 同・2月号の感想は、今月16日の記事にアップした。
 毎月の小さい役目(1ページ)を、今号分より担当する事になった。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました