『自転しながら公転する』(新潮社) – 著者: 山本 文緒 – 平松 洋子による書評

書評総合

『自転しながら公転する』(新潮社)著者:山本 文緒
Amazon |
honto |
その他の書店
ゆっくり答えに向かう女性たちの等身大の姿を描く
「来年の今月今夜になつたならば、僕の涙で必ず月は曇らして見せるから」尾崎紅葉の小説『金色夜叉』、貧乏学生の貫一が、富豪との結婚を選んだ許嫁(いいなずけ)のお宮に投げつけた言葉。名科白(せりふ)を思い出したのは、長編小説『自転しながら公転する』の主人公が「貫一・おみや」だったから。結婚、仕事、親の介護……ふたりの恋愛は終始波乱ぶくみ。現代の「貫一・おみや」もやっぱり幸せになれないんだろうか。直木賞作家・山本文緒じつに七年ぶりの作品は、五百ページ近い長さを一気に読ませるおもしろさ。登場人物の胸中を描く言葉のやりとりにしても、巧緻な会話劇さながら。カンテラの灯をかざすかのように、それぞれの心の襞(ひだ)の奥を細やかに照らしだす。三十二歳の都が、東京から実家に戻ってきた。体調を崩した母のケアを父だけに任せておけなくなったからだ。新たな勤め先は、都心から電車で一時間ほど、田畑と雑木林のなかに出来たアウトレットモールのアパレルショップ。もともと洋服は好きだが、自分の好みの服を扱う店ではない。恋愛にしても、押し切られる格好で付き合い始めた貫一は、同じモール内の回転寿司屋の従業員で、年下でヤンキーっぽい。付き合ううち、中卒で、介護施設に入所している認知症の父を世話していることもわかってくる。「こうありたい自分」と「現実の自分」がとかくズレる。そのズレに対して焦燥感を抱く自分にも、都は苛立つ。誕生日に十万円近いネックレ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました