”「絵本講師になったわけ」のおはなし②”

絵本の書評と感想
こんにちは。ひだまり花梨館 香川ミカです。 絵本のちからや、胎内記憶教育を通してほっこりかろやかになるヒントをお届けできたらと思っています。  ~*~*~*~ いきなりですが、運をよくする方法の一つとして 私が実感していることに「動く」ということがあります。  なぁんかうまく行かないことが続く時があります。うつうつとくすぶって・・・頭でぐるぐる考えて・・・ そしてそういうとき私は たいてい、家の中でもじーーっとしているのですが  これ、ほんとによくないです  とにかくいろいろと考えるのをやめて、(どんなこともプラスに、  なんて 捉えられないときもありますし!) お散歩でもお買い物でも家の中ならお掃除でもいいし、  動く。  とにかく動くんです。そうすると、不思議なことに確実にまたよい流れがやってくるんですよ (自社比・笑)  そして、ぽっと新しい道がみえてくるのです。  ~*~*~*~  人との出会いも、動いてこそですよね。 (今のご時世それはもちろん、画面越しでも出会いはありますが)  今月、絵本セラピスト協会代表のたっちゃんが毎週掲載されている「日本講演会新聞」 その過去の記事を引用されたブログを、引用します  ~*~*~*~  その2018年、ある号の社説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました