一茶「七番日記」(下)を読む(8)

小説の書評と感想
 岩波文庫の一茶「七番日記」(下)より、8回めの紹介をする。 同(7)は、今月6日の記事にアップした。
 今回は、文化14年7月~12月の半年分、330ページ~366ページ、37ページ分を読んだ。 安住の郷里の四季を吟じ込んで励みがある。人間以外の生き物に呼び掛ける句も健在で、処々に見られる。 52歳で結婚して3年、長男・千太郎は幼くて亡くなったが、世継ぎの子を欲したらしく、童児の愛らしさを吟じた句が散見する。 文化14年の末尾に、惣計975句とあるのは、文化14年の句の合計だろう。また他郷252日、在菴95日とあり、指導外泊が変わらず多かった記録が残る。 以下に5句を引く。大の字に寝て見たりけり雲の峰あれ程のいなごも一つ二つ哉丸(まるい)露いびつな露よいそがしき我家(わがいへ)の一つ手拭(てぬぐひ)氷りけりちりめんの狙(さる)を負ふ子や玉霰写真ACより、「雲」のイラスト1枚。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました