「ホンダ-イノベーションの神髄」小林三郎

ビジネス書の書評と感想


【私の評価】★★★★☆(81点)

内容と感想
■私はホンダ車を乗り継いで来ましたが、
 最近のホンダ車は元気がないような
 気がして手にした一冊です。

 著者は1980年代に日本で初めて
 エアバッグを実用化した実績を
 残してています。

 こうしたイノベーションができたのは
 ワイガヤという徹底的に話し合う
 仕組みと風土がホンダにあったから。

 年締役と新入社員が激論を交わすのが
 普通と言えるくらい、役職に関係なく
 本質を議論する環境がホンダには
 あったのだという。

・実際ホンダでは、若手社員と取締役が役職とは関係なく、一人の人間として激論を交わすことが普通にある・・・むしろだまっていることの方がダメだ、と。ところが、社会人の大学院生と話す中で、そんな企業はほとんどないことが分かってきた(p26)

■著者が開発したエアバッグといえば
 それまで使っていた火薬が健康問題から
 2000年に禁止され、硝酸アンモニウムに
 切り替えたことが原因で、2008年頃から
 暴発事故が発生。

 硝酸アンモニウムは性能は良いものの
 長期間に性質が変わっていく欠点があり、
 硝酸アンモニウムを採用した企業は
 タカタだけだったのです。

 あれほど長期安全性を重要視していたタカタの
 高田重一郎社長が、どうして判断を誤ったのか
 不明ですが、結果してタカタは破綻し、
 中国系企業に買収されてしまいました。

 本書が執筆された2010年には暴発事故が
 アメリカを中心に顕在化してきた頃であり、
 著者のコメントは記載されていませんが、
 後輩の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました