『関ケ原合戦全史 1582-1615』(草思社) – 著者: 渡邊 大門 – 渡邊 大門による前書き

書評総合

『関ケ原合戦全史 1582-1615』(草思社)著者:渡邊 大門
Amazon |
honto |
その他の書店
かの有名な関ヶ原合戦(一六〇〇年)は、時間だけ見るとたった半日で終結した戦いですが、この戦の遠因は、本能寺の変(一五八二年)を経て秀吉時代になって以降の、独裁体制のひずみと諸将間の確執、各大名家の家中問題にあったといえます。本書は、良質な一次資料を用いて俗説や新説を考証しながら、前後三十年という長い時間の中で関ヶ原合戦を検証することで、これまで見えていなかった合戦に至るまでの道すじに光を当てます。今回は、本書より「はじめに」を転載いたします。
最新研究を用いた、今だからこそ語りうる史実
慶長五年(一六〇〇)九月十五日、関ヶ原合戦は美濃国不破(ふわ)郡関ヶ原(岐阜県関ケ原町)において、徳川家康が率いる東軍と石田三成が率いる西軍とが激突し、わずか半日で東軍の勝利に終わった。東北や九州でも東軍と西軍が激突したが、最終的に勝利したのは東軍だった。一連の合戦をめぐっては、さまざまな逸話の類が残っており、話題に事欠かない。関ヶ原合戦の概要については、古くは兵学者・宮川尚古の手になる『関原軍記大成』(正徳(しょうとく)三年〈一七一三〉成立)などの編纂物に書かれ、近代に至っては参謀本部編『日本戦史 関原役』(明治二十六年〈一八九三〉刊行)にも詳細に記されている。『日本戦史 関原役』は参謀本部が総力を挙げて作成したこともあり、関ヶ原合戦のその後の研究に大きな影響を与えた。文学作品でも、作家・司馬遼太郎が小説『関ヶ原』(新潮社、一九六六年)を著し、昭和五十六年(一九八一)にTBS系

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました