菊池秀明『太平天国』(岩波新書) 8点

書評総合
 帯には「人類史上最悪の内戦」との言葉が載っていますが、太平天国の乱による死者は江蘇省だけで2000万人を超えるとも言われ、まさに世界大戦に匹敵するような犠牲者が出ています。また、乱が14年近く続いたのも1つの特徴で、同じく清末の反乱として知られている義和団の乱に比べると、その持続性は段違いです(義和団の乱は1年ちょっと)。 本書はそんな太平天国の乱の始まりから終わりまでをたどるとともに、そこに中国の歴史に繰り返し現れ、現代にも通じている1つのパターンを見出そうとしています。副題は「皇帝なき中国の挫折」となっていますが、単純に太平天国の興亡のドラマを見せるだけではなく、中国の近代や、中国の政治や社会そのものを考えさせるような内容です。 目次は以下の通り。一 神は上帝ただ一つ二 約束の地に向かって三 「地上の天国」の実像四 曽国藩と湘軍の登場五 天京事変への道六 「救世主の王国」の滅亡結 論 太平天国の中心人物となった洪秀全は、広州の郊外の花県で1814年に生まれています。洪秀全は客家と呼ばれる後発の移民の生まれで、秀才だった洪秀全は幼い頃から科挙合格の期待をかけられたものの、勉強を進める上での人脈などはなく、上手くはいきませんでした。 1837年、科挙に不合格になった後に洪秀全は熱病に倒れ、そこで金髪に黒服姿の老人からこの世を救えと命じられる夢を見たといいます。1843年、プロテスタントの伝道のパンフレットを読んだ洪秀全は、ここに書かれた偶像崇拝禁止の教えに感銘を受けるとともに、夢で見た老人こそキリスト教の神のヤハウェであるに違いないと思い、「上帝」と呼ばれていたヤハウェを信仰

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました