辻征夫「貨物船句集」を読む

小説の書評と感想
 辻征夫の句集「貨物船句集」を読み了える。貨物船は俳号である。 メルカリでの購入は、今月17日の記事にアップした。 現物のスキャン画像の方が、Amazon画像より、帯がある分だけマシである。 詩業については、思潮社の現代詩文庫より、未刊詩篇と短編1篇を読んだ所である。
 句集「貨物船句集」は、没後の2001年1月、書肆山田・刊。1ページ4句組み、91ページ。 1985年、詩誌「詩学」の投稿欄選者として、小説・俳句・他を書いていた小沢信男と出会い、俳句会「余白句会」を結成した。連衆はおもに、辻征夫の知り合いの詩人である。 句風は、時に字余りを交えて、詩人らしい新鮮さがある。先行句にリスペクトした句もあるが、新しさを加えている。 61歳、句会への最後の出席は、奥さんに支えられてで、「満月や大人になってもついてくる」の句で、最高点となった。(小沢信男のあとがきより)。 以下に5句を引く。おみな往ぬ蟋蟀がいる台所むすめながら乱れて泳ぐ緋鯉かな断崖やもう秋風のたちつてと雛祭り娘はどこの街どこの路地稲妻やあひたかつたとみんないふ

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました