Exit イグジット 著者 相場英雄

小説の書評と感想
Exit イグジット著者 相場英雄新たな知識を求めてこの本と出逢う。経済小説の本を読んでいると経済の勉強にもなります。最新の経済状況を小説に置き換えて教えてくれる、こんな大切な事は本で学ぶことができるのです。まずこの本から教わることができるのはアメリカでは物価が上がりすぎていると言うことです。東京の2倍3倍が当たり前の物価になってきているのです。だからこそアメリカは利上げを検討していると言うことをこの物語で教えてくれています。これはあくまでも物語の話であり、実際の米国の話ではありませんが、このような考え方ができると言う事は想定していると言う事でもあります。そして次に東北のほうの銀行の営業マンが追い込まれて自殺をします。これは不動産投資においての警報と言うことが学ぶことができるのです。実際に起きるかどうかは別にして、すでにアメリカも利上げをするタイミングにも来ていますし、不動産バブルも弾け始めています。投資をしている人間であれば納得できることであります。だからこそ架空で作られているかもしれないこの小説の物語にはものすごく吸い込まれていくのです。それが正しいかどうかは別にして。物語をどう受け止めるかどうかは読書時間を設けているあなた次第となります。実際に起きることが小説になることもあれば小説で起きていることが実際起きることもあります。だからこそ小説は、物語が面白いのです。いろいろな考え方があり、いろいろな価値観が存在します。だからこそ人は本を読み学んでいくのです。自分自身だけではそんな経験はできることがありません。本で疑似体験をするのです。日銀内での内部抗争。クーデター、コ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました