映画『聖なる犯罪者』を観た

小説の書評と感想
目次 [隠す] 出典:映画『聖なる犯罪者』公式サイト 今月は、前回観た『すばらしき世界』に続き、素晴らしい作品に巡り会うことができ幸せだ。 映画『聖なる犯罪者』観た。「前科者は聖職者になれない」。だが無傷の人生を送る聖職者は現実の悲劇の前では無力だ。罪を犯し悔い改めた者が癒しをもたらす。果たしてそれでいいのか?が頭の中で何回も巡る。素晴らしい作品だった。 #聖なる犯罪者 https://t.co/DW135dJwgm— neputa (@h_neputa) February 22, 2021 https://platform.twitter.com/widgets.js あらすじ罪を犯し服役中の男「ダニエル」が出所する。刑務所内で神学に目覚めた彼だったが、前科者は聖職者になることはできない規則によりその希望は潰えてしまう。小さな村の製材所で働くことになっていたが、彼は村の教会に立ち寄り、身分を偽り、神父として過ごし始める。 その村は少し前に起こった事故により悲しみに暮れている。信仰が村人のこころを癒すことはなかった。しかし慣例に囚われることなく魂のこもった言葉を投げかけるダニエルに村人たちのこころは少しずつ動かされていく。 たとえどんなに善意に満ち溢れていたとしても永遠に偽ることなどできない。やがて村にダニエルの正体をを知るものが訪れる……。 タイトルについてたまたま目にしたツイートを参考とさせていただきます。原題は「boże ciało」とのこと。聖体またはポーランド

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました