「僕が答える君の謎解き 明神凛音は間違えない」紙城境介 星海社FICTIONS

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは紙城境介さんの「僕が答える君の謎解き 明神凛音は間違えない」です!⚠︎トリックに関する致命的なネタバレはしないつもりですがミステリ作品なので未読の方はご注意くださいストーリー A内容は、お節介でクラスメイトからはママと呼ばれる伊呂波透矢。弁護士を志す彼は推定無罪を信条として日々勉強していた。そんなある日、カウンセリングルーム登校をしている明神凛音の教室に復帰させる役割を任命されてしまう。だが凛音は「どんな事件の犯人でも神様から啓示を受けたかのように解ってしまう」という特殊能力の持ち主だった。無意識で推理を行なってしまう凛音に推定無罪を主張する透矢は彼女の謎解きが正しいかどうか証明するために推理を行うが…とこんな感じです!〜直感少女と論理派男子の学園ミステリ〜紙城境介さんの新作!デビュー作以来のミステリ作品ですね。まず言わせてください…この作品めっちゃ面白いです!いやー久しぶりに超大当たりの学園ミステリじゃないですか!直感で犯人が解ってしまう能力の持ち主・凛音と推定無罪を信条とし彼女の直感が正しいかどうか推理する透矢。2人のコンビが暴く真実がとにかく楽しい!最高の学園ミステリでした!面白かったです!弁護士を目指し日々勉強する透矢。そんな彼が任されたのはカウンセリングルーム登校をする凛音を教室へ復帰させる役目。だがカウンセリングルールに持ち込まれる謎を直感で解決してしまう凛音のことが、推定無罪を主張する透矢には許せず…という感じで凛音の直感が正しいかどうか証明す

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました