埴谷雄高『死霊』(講談社)、『虚空』(現代思潮新社)、『不合理ゆえに吾信ず』(現代思潮新社) – 高橋 源一郎によるコラム

書評総合
二〇〇〇億光年の彼方に
埴谷雄高が亡くなった。彼なら、そのことを「二〇〇〇億光年の彼方に去った」と表現しただろうか(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は1997年)。つい先日、谷川雁のことを書いたのもなにかの因縁のように思える。六〇年代に高校生であったわたしの周りで「日本人の物書き」といえば、まず埴谷雄高・谷川雁・吉本隆明の三人であった。わたしたちはたぶん彼らから「考える」スタイルを学ぼうとしていた。時代に生きるたくさんの「物書き」の中から、なぜ彼らの「考える」スタイルを選んだのか。それはたぶん、彼らの「孤独」の有り様が信じるに値すると感じられたからであろう。この三人は一つ一つが孤立した巨峰であった。彼らの前に先行者はおらず、彼らは後に多くの模倣者や崇拝者を生んだ。しかし、同時にこの三人は不思議な友情で結ばれてもいた。当時、わたしたちの手に入る埴谷雄高の本は限られていた(もちろん、元々寡作の人ではあったのだが)。主著であり唯一の長編、そして「幻の名作」であった『死霊』は、わたしたちが行きつけの古本屋の宝物で、あまりに高くわたしたちには手が出なかった。その代わりに、わたしたちはやはり唯一の短編集であった『虚空』やアフォリズム集の『不合理ゆえに吾信ず』を読んだ。前者には吉本隆明の解説があり、後者には谷川雁と著者との往復書簡が収められていた。いまから三十五年以前のものだが、解説も書簡も変更のしようがないほど正確なものだった。
この点に関して私はただ、この世のいかなる層をも代表しまいとするあなたの決意を読むより他はありません。より大いなるもののより完璧な代表であろうとする欲

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました